お問合せQ&A

書道用品、水墨画用品専門のネット通販会社




2009年06月29日(Mon)▲ページの先頭へ
和紙製品と建築用品の追加掲載のお知らせ

2009年06月24日 「和紙の糸・紙布・和紙ぞうり」コーナーに和紙タオル2点、和紙靴下2点を掲載しました。

建築用品「マーキングチョーク」に雨チョーク超極太2点掲載しました。是非ご一覧下さい。



2007年03月27日(Tue)▲ページの先頭へ
筆のお手入れ。Vol.24
のお手入れ。Vol.24
出来るだけ、おわかり頂ける様にと思って説明致しましたが、不充分の点も多々あると思います。

講習会の会場等で割れる筆の手入れをする時、そばで見て居られて、「そんなにしても大丈夫ですか」、「首はとれませんか」、「毛はいたみませんか」、と聞かれますが、心配ありません。

しかし、黒い汁がでなくなっても更に続けると、毛を傷めます。筆を洗われる時、大切にする気持が働き過ぎて、逆に筆を使いにくい状態にもっていく結果になって居るようです。筆を洗う時、割れる原因を作らない様に指を当てる位置に気を付けて頂くことが一番大切です。

水道の水を流し乍ら、その水でただ墨を流し落として吊すだけでも、充分とは云えません。紙に包んで押さえて水気を充分取る必要があります。気を付けて手入れをし、いつも書き易い状態ですと更に愛着が湧いて、書く楽しみも増してくるでしよう。
書き易い筆だからと、書き終わったあと、そのまま、又は、水洗いした筆を、先が傷まない様にと思ってキャップをかぶせ、永く置くのはよくありません。気温の高い夏季においては四日間位で悪臭がするようになります。

毛筋の細い柔らかい上質の羊毛筆は使い始めに、青墨を充分含ませて頂くと青墨の色素が毛を保護するといわれて居ります。

その他にもいろいろあると思いますが一度試して見て下さい。

編者

「筆のお手入れ」終わり



2007年03月23日(Fri)▲ページの先頭へ
筆のお手入れ。Vol.23
のお手入れ。Vol.23
軸曲がりの修正法
23-2
あやまって毛を焼かないように、筆穂を紙で包み水で少し湿らせる。
23p-1
ガスの火で曲がっている所を焦げないよう熱くなる迄温める。
23p-3
ハサミの小さい方の穴に通しおさえて曲がりをなおす。
首とれ修理
23p-4
穂首が取れた時、接着する場合は、軸の穴の中の、古い接着剤の残りを、小刀かハサミの先で、きれいに取り除きます。取れた穂首をはめて見ます。残墨で穂首が太くなっている時は、水を含ませてもみ出します。
23p-5
良く乾燥させてから、穴の中に接着剤を塗り、首をしつかり詰め込みます。
23p-6
詰め込みが浅いと、書く時筆が割れます。穂首の方に接着剤をつけないこと。

次につづく



2007年03月20日(Tue)▲ページの先頭へ
筆のお手入れ。Vol.22
のお手入れ。Vol.22
筆の固め方
22p-1
卵の白身を容器に取り出し筆に充分含ませる。
22p-2
ポタポタと垂れる余分な白身を指で搾り取る。
22p-3
糸の端をセロハンテープか押しピンで固定し、筆穂に一回巻きつける。
22p-4
45度位の角度にして糸を引っ張り、筆軸を指で回し、引き抜きながらしぼり取る。
22p-5
指で形をととのえる。
22p-6
コップに立てて乾燥させる。

次につづく



2007年03月19日(Mon)▲ページの先頭へ
筆のお手入れ。Vol.21
のお手入れ。Vol.21
半紙用や学童用の筆について
21p-1
21p-2
筆の後始末
別の半紙を八つ折りし前回(Vol.20)の様に水を含んだ筆を包み、押さえ込んで水分を充分吸い取らす。
形をととのえて筆巻に巻込む。
21p-4
最初の紙で硯の海の水を吸い取らせる。
21p-5
二番目の紙で残りの水分を吸い取らせ、硯の墨のよごれを拭きとる。
21p-6

硯はきれいになりました。次に使う時、気持よく使えます。

次につづく



2007年03月12日(Mon)▲ページの先頭へ
筆のお手入れ。Vol.19
のお手入れ。Vol.19
半紙用や学童用の筆について

19p-1
櫛入れ

黒い汁が出なくなれば、水中で櫛をかけて毛を揃えて乾かします。

19p-2

紙で水分を吸い取らせ形を整えてできあがり。

19p-4
手入れ前

19p-3
手入れ後

19p-5

固まり過ぎた筆で書くと、墨含みが少なく紙にこすりつける状態で書く為、外側の毛が切れ汚い線が出るようになる

19p-7

左側の二本は半分から先の部分がすり切れて細くなって居る。

19p-6

常に墨を落として、手入れしてある筆は墨含みが良く、毛の弾力が生かされゆったりした字が書け、筆が長持ちします。

次につづく



2007年03月08日(Thu)▲ページの先頭へ
筆のお手入れ。Vol.17
のお手入れ。Vol.17

17p-1

中心部に残った墨の粒子は空気に触れない為、乾燥が悪く25℃以上の温度が続けば毛が腐り始めます。

17p-2

細い毛ほど密度が高いので乾きにくく腐りやすいようです。
太さが1.3cm以上の筆は、千枚通しか針等で穴を開け、出来るだけ軸の近く迄空気の入るようにする。

17p-3

乾き具合をくらべて見ました。
(1)右の筆は、普通に水をしぼって吊したもの。
(2)左の筆は、普通に水をしぼって、更に紙で水分を吸い取り、穴をあけて吊したもの。

17p-4

17p-5
一昼夜過ぎて半分に分けて見ました。
上側(1)の筆:内部にかなりの湿りがあります。
下側(2)の穴をあけて吊した筆:軸際に少し湿りが残っています。

次につづく



2007年03月06日(Tue)▲ページの先頭へ
筆のお手入れ。Vol.16
のお手入れ。Vol.16
 
 
 
 
毛の抜け始めた筆を軸からはづして半分に割ってみました。
 
 
 
 
はめてあった軸に合わせて見ると中心部と軸際に墨が残って居る事が解ります。
 
 
軸際部分で、毛が腐って切れて居ります。

次につづく



2007年02月28日(Wed)▲ページの先頭へ
筆のお手入れ。Vol.15
のお手入れ。Vol.15
15p-115p-3
一センチ五ミリ間隔位に、鉛筆等を差して通気を良くしますと、早く乾燥します。
根腐れは防止されます。

次につづく



2007年02月27日(Tue)▲ページの先頭へ
筆のお手入れ。Vol.14
のお手入れ。Vol.14
14p-1
更に紙に包んで、よく押さえて紙に水分を吸ひ取らせること。
14-2-114p-2-2
この状態で、乾燥させるのは充分とは云えません。
軸際の中心部は一ケ月近くなっても湿ったままの状態です。更にタンバタ質の腐敗温度になりますと、腐り始め、毛が抜け出します。
14p-3
一昼夜過ぎた時、外側はよく乾いているのに、半分に分けて軸際に近い所を見ますと、かなり湿って居ます。
14p-4
軸際の内部がよく空気に触れるようにする為千枚通しを通して、出来るだけ軸際迄穴を開けます。

次につづく



2007年02月26日(Mon)▲ページの先頭へ
筆のお手入れ。Vol.13

のお手入れ。Vol.13

13p-1
13p-2
水道の水を流し乍ら、墨を洗い流すこと。
流れ水に当て乍ら、穂をつかんで軸の方に押しつける様にして軸際の墨をゆすり出すこと。
13p-3
13p-4
容器に水を入れ、水中で櫛を通すこと。
軸際から、穂先に向けてしごくように水を送り出すこと。

次につづく



2007年02月23日(Fri)▲ページの先頭へ
筆のお手入れ・Vol.12
の手入れ。Vol.12
作品が作られるとき、筆の軸際いっぱいまで墨は含ませられていません。
軸際に墨が入り込み、毛を腐らせる原因を作るのは、「筆を洗い」、「水をしぼる時」の二つの作業で起こります。
原因1)水の入った容器に直接墨の含まれた筆を入れて洗う作業。
原因2)筆をつかんで水をしぼり取る作業。
この二つ作業(洗い方)が、軸際に僅かづつの墨を残して行く原因となります。

次につづく



2007年02月22日(Thu)▲ページの先頭へ
筆のお手入れ・Vol.11
のお手入れ。Vol.11
毛抜けについて
毛が三本五本と、抜け始めるのは、筆の中心部で、軸に近い所が腐っています。
抜けた毛の根元をよく見ますと、黒くなり、細くなって居ります。洗った後の、水分の取り方が足りず、腐るに適した、水分と温度と時間の条件がそろうからです。早く乾燥させるか、低温の所におくかすれば防止出来ます。
柔らかい毛の筆や、太い筆になる程、中心部が乾燥し難いから、空気の入る穴をあけると良策です。千枚通しとか、針等で筆穂を差し通します。空気のふれる部分が多い程、水気は無くなり毛腐れを防ぎます。毛筋の細い筆程、密着度が高いので用心が大切です。
毛が抜け始めた大筆です。根本が黒く細くなっています。
抜けた毛を合わせて見ると、軸際で腐っていることが解ります。
半分に分けて見ますと、内部が変色し根元が黒くなっています。内部の変色は、内部の乾燥が悪く、むれた状態で変色したものです。空気に触れない炭素粒子は、水分を含んだままですので毛を腐らせます。よく乾いているのは、外側一センチ位だけです。
中心部の毛を、少しまとめて抜き出してみると、軸際の部分の残墨に、毛が侵されている事が良く解ります。

次につづく



2007年02月21日(Wed)▲ページの先頭へ
筆のお手入れ。Vol.10

のお手入れ。Vol.10

小筆について3

10p-

10p-2-110p-2-2

筆先に邪魔する毛がある時は、針先でその毛を分け出して、出来るだけ根元の方で切り取ります。
無理に引き抜くと、尾締をゆるめる場合がありますので、よくありません。

筆の寿命

10p-3-110p-3-210p-3-3
10p-4
10p-5
筆を洗う時穂先を見ると、特に黒い部分があります。それのある間は、まとまった線は出ます。
紙との摩擦で、すりへって無くなった時、寿命が尽きたと思って下さい。

次につづく


2007年02月20日(Tue)▲ページの先頭へ
筆のお手入れ・Vol.9

のお手入れ。Vol.9

小筆について2
新しい時、きれいな線の出ていた筆が、先が割れる様になるのは、筆穂の中間に墨が溜まり、束ねてある毛の間を拡げるからであり、その墨溜まりを、除き去れば、筆先はまとまります。固まった状態で使用し続けると、周囲の毛が切れ、中心の毛だけになります。
墨溜まりになっている所を爪で削り、水を含ませて一時間位置きます。
少し柔らかくなった所で、墨溜まりになつて居る所を、指先でよくもみほぐし、溶けて黒くなった筆を洗は無いで、筆を撫ぜて見て当たりが無くなる迄行います。当たりが無くなれば黒いままで形を整へ、コップに立て、乾燥させます。黒くなった筆を洗いますと捌きになって使い難くなります。
もみほぐした墨のニカワが筆を固めてくれるので洗い落とさない方がよい訳です。

次回につづく



2007年02月19日(Mon)▲ページの先頭へ
筆のお手入れ。Vol.8

のお手入れ。Vol.8

小筆のについて

8p-1-1
8p-1-2
小筆の墨落としは、硯面に水滴を四、五滴落とし、出来た小さな水溜まりの中に、墨の付いている部分を突込み、その水の中で、出来るだけ、筆に含まれた墨を薄くします。チリ紙等に筆先を包み、摘まみ込んで、しごくようにして水分を取ります。次回使う時、無理なく必要量の墨液を含ませる状態にして置きます。
紙に水を含ませて、その上で墨の付いた筆を拭ふだけでは充分とはいへません。墨が残り過ぎています。
8p-2
8p-3

次回につづく



2007年02月16日(Fri)▲ページの先頭へ
筆のお手入れ。Vol.7

を洗う時の注意事項2
筆のお手入れ。Vol.6の方法で洗う前と洗った後。

7p-1-1

7p-1-2

手入れ前

手入れ後

7p-2-1

7p-2-2

手入れ前

手入れ後

7p-3-1

7p-3-2

手入れ前

手入れ後

次回につづく



2007年02月15日(Thu)▲ページの先頭へ
筆のお手入れ。Vol.6
を洗う時の注意点


6p-16p-3

墨を洗い落とす時、又洗った後、筆をしぼる時、上の写真の様に、筆穂だけ摘まむと、軸側の三角の部分に、筆に含まれて居る墨を詰め込むことになり、割れる筆を作る第一の原因となります。更に筆穂の付根の軸を拡げ、竹軸の場合は軸が割れて来ます。

6p-2

水道の水を筆に当て、下の写真の様に、軸と毛とを、半々に摘まむと、指の丸い所が境目に当たり、根元に墨を残さず、きれいになります。

6p-46p-6

此の位置に指を当てることが、一番大切です。
洗ひ終われば、紙か布で出来るだけ水分を抜き取ることです。水分の取り方が足りないと根腐れの第一の原因となります。

6p-5

次回につづく



2007年02月14日(Wed)▲ページの先頭へ
筆のお手入れ。Vol.5

のお手入れ。Vol.5

筆のお手入れ。Vol.1参照)の状態になっている場合同じ所が割れるのは、そこがもつれ合っている為 です。水中で櫛をかけま す。水の中に筆を入れると自然に毛が拡がり、櫛が通し易くなります。場所を変え乍ら櫛を入れ、先迄櫛が通る様になればよいでしょう。

筆手入れ5P-1 筆手入れ5P-2

写真の様に軸際の残墨が出来るのは筆を洗う時と、筆をしぼる時に無意識のうちに作られています。水を含んだ毛の部分だけをつまむ為に指と軸との僅かのすき間に少しづつの墨が溜め込まれて割れる原因が作られます。
筆手入れ5P-3

四本共きれいに洗われてありますが、軸際八ミリの問が残墨で固くなり、毛を拡げています。

筆手入れ5P-4_1筆手入れ5P-4_2

次回につづく。



2007年02月13日(Tue)▲ページの先頭へ
筆のお手入れ。Vol.4

のお手入れ。Vol.4

Fしごいた状態のままでは、かなり水分が残っていますので、水分を吸収しやすい紙か布で筆穂を包み、両手で強く圧し、充分に水分を吸収させます。
細い毛の筆程、水分が残っていると、根腐れの原因となります。筆手入れ4P-1








G今迄の作業をおこなっても、軸際の毛が張っていると、毛は曲がりクセがついている為です。糸を巻いて乾燥させ、二日位置くと、曲がりクセは治り、腰の締まった元の姿に戻り、気持良く書ける様になります。筆手入れ4P-2








筆手入れ4P-3






B(筆のお手入れ。Vol.1参照)の形になっている筆
 筆穂全体に多量の墨の粒子と、切れた毛が付着している為で、両手ではさみ、もみ洗いし、水中で櫛を通します。 
 
前記(筆のお手入れ。Vol.3参照)、CDの作業を行います。

筆手入れ4P-4








筆手入れ4P-5





次回へつづく



2007年02月09日(Fri)▲ページの先頭へ
筆のお手入れ。Vol.3

のお手入れ2

筆手入れ3-1C両手で筆をはさみ、水につけ乍らよくもみ洗いして、黒い汁が出なくなる迄、行います。
毛肌に付着している墨の粒子がとれます。




筆手入れ3-2D筆を水の中に入れ、頭髪用の櫛で櫛を入れます。始めは引掛かり、先に行きません。軸を少し廻し、場所を変えて櫛を入れます。毛のもつれを先に送り出す気持で、徐々に先に押して行き、どちらから櫛を入れても、先迄通る様になれば宜しい。水の中で櫛をかけるのがキメ手です。水から上げて、櫛をかけるのは、効果が少ない様です。水中では毛が良く広がる為です。


筆手入れ3-3E水を切る場合は、左の写真の様に、軸から指をすべらしてしごく様にして水を切ります。右下の写真に示す場所に指を当てないことが大切です。親指と人差指の接点から、軸際の間に、僅かづつの墨の粒子が、自然に溜め込まれ、割れる原因になって来ます。筆手入れ3-4








次回へつづく



2007年02月08日(Thu)▲ページの先頭へ
筆のお手入れ。Vol.2

のお手入れ2

A筆穂をしっかり摘まみ、軸を毛の方に押しつけ、ハンドルを廻す様にゆっくりと廻します。軸際に残っていた墨が出てきます。
時々水道の水に流しながら黒い汁が出なくなる迄、根気よく行います。首の取れる心配はありません。



B親指と中指の爪で、爪切りの様に軸際をはさみ、軸を引っ張ります。スーッと抜けれぱ残墨は取れています。
ひっかかる様ですと、まだ残っているので、抜ける様になる迄、Aの作業を行います。




次回へつづく


2007年02月07日(Wed)▲ページの先頭へ
筆のお手入れ。Vol.1

のお手入れ

今迄、書き良かった筆が、割れる様になった時、次の三点の状態が多く見られます。

  

 この部分に残量がある 毛が残墨で曲げられている


A)軸際の所、七〜八ミリの間で、軸と同じ太さ、又はそれ以上太く、固くなっているものです。これが特に多いようです。
この残墨の為に割れるので、これを取らないといけません。
B)筆穂が胴ぶくれになっているもの。
C)筆穂の毛がもつれているもの。

半紙用、条幅用の割れる筆のなおし方
A)の形になっているもの
@軸際の残墨は墨に含まれている膠によって固くなっていますので、その膠を柔らかくしないといけません。
熱湯を入れた器にとっぷり浸し一時間ぐらいして固くなっている部分を強くつまんで見て柔らかくなっていなければ前の湯を捨てて新しい熱湯を入れて三十分位置くと固さがゆるんできます。固くなっていた部分を何回も強くつまみ込んでその固まりを潰して行きます。
筆穂にたっぶり水を含ませて、穂先を上に向け、コップ等に立て、一晩そのままにして置きます。軸際に残って固まっている墨を、柔らかくしもみ出し易くする為です。
B)筆穂が胴ぶくれになっているもの。
C)筆穂の毛がもつれているもの。A、軸際の所、七〜八ミリの間で、軸と同じ太さ、又はそれ以上太く、固くなっているものです。これが特に多いようです。この部分に残量がある。

次回へつづく



2007年02月06日(Tue)▲ページの先頭へ
OA和紙について。Vol.6

ハイパーOA和紙墨染

Q.貴社OA和紙ハイパー墨染のA2判を別注裁断できますか? 又、その場合の最低数量を教えてください。

別注裁断の最低数量は1,000枚となります。これは、OA機器で印刷・プリントされる事を前提に、和紙の目(縦目、横目)を考えて裁断します。基本的は、コピー機の形状から、和紙の一辺の長い方が縦目で裁断します。それ故、A3、A4判もすべて長い方を縦目に裁断しますので、紙の取り方と、和紙は裁断機の能力、工場での作業効率、裁断費用、包装、運送用梱包等の関係とで、最低1,000枚以上が必要となります。

今後も継続してA2判のご使用予定が御座いましたら、この機会に纏め買いされる事をお勧めします。

★和紙の目が、縦目でも横目でもどちらでも構わないと言う事であれば、裁断費等の費用は割り高になりますが、A3判(縦目)を裁断する時に、100枚(横目)だけ取り出す事はは可能だと思います。



2007年02月02日(Fri)▲ページの先頭へ
表装について。Vol.5

表装について

Q. 書道作品の表装を検討してるのですが、作品サイズが75センチ×205センチです。
丸表装で仕上げていただきたいのですが、価格はどのくらいになりますか?
飾る場所の天井高さは223センチしかないのですが、作品に仕上げることは無理でしょうか?


縦作品と解釈してご説明します。

通常の丸表装をした場合の仕上がり寸法は、幅91cm長さ270cmとなります。しかし、天井高が223cmとの事ですので、軸を飾った時に軸の下部が床に着かないで、吊り下げる紐及び紐の伸びを考えますと、床から最低9cmは空けた方が良いと思います。

天井高に合わせてバランスの良い丸表装をする為には、作品の上下に付ける「一文字」と言う裂地を付けないで、作品の周りに幅1ミリ程度の裂地で縁取りをする「筋回し」を入れ、幅90cm長さ214cmに仕上げる必要があります。少々窮屈に見えると思いますが、この仕立て方法でよければ丸表装筋回し仕立てで軸装をさせて頂きます。
-------------------------------
下記軸装ページの真ん中当りに「一文字」と「筋回し」の説明がありますのでご確認下さい。

http://www.e-unica.co.jp/shopping/takumi/hyoso/jikuso.html
-------------------------------

価格は、別注+筋回し入りとなりますので、21,000円(税込み)です。

ご一考の程お願い申し上げます。



2007年01月31日(Wed)▲ページの先頭へ
赤ちゃん筆(胎毛筆)について。Vol.7

赤ちゃん筆(胎毛筆)について

(ご不幸事を内容にした、「お問合せQ&A」を掲載することに躊躇いがありましたが、同じようなご境遇の方に少しでもお心の空洞を癒すお手伝いが出来ればと思い、勇気をもって掲載させて頂きました。)

Q.亡くなった子供の髪の毛で筆を作りたいのですが。

お子様をお亡くしになられたとの事、心よりお悔やみ申し上げますと共にご冥福をお祈り申し上げます。

赤ちゃん筆は、お生まれになってから一度も散髪をれていない髪の毛で作ります。一度散髪された後の髪の毛には、毛先が無く、筆に仕立てましても書をかく筆にはならない為です。書筆は、必ず毛先があります。赤ちゃん筆も書を書ける筆として仕立てます。

しかし、毛先の無い髪の毛で、書を書くための用途ではなく、お亡くなりになられたお子様のご遺髪を筆の形にしてお残しになりたいとのお気持ちでしたら、謹んで筆の形にお仕立てさせて頂きます。

その場合、ご希望でしたら、お子様のご生年月日とご没年月日も筆軸に彫刻させて頂きますので、下記当社HPの注文書備考欄にご没年月日をご記入後印刷して、お子様の髪の毛と一緒にお送り下さい。

赤ちゃん筆注文書
http://www.e-unica.co.jp/shopping/takumi/taimoufude/orderform_taimou.html



2007年01月30日(Tue)▲ページの先頭へ
拓本用品について。Vol.2

拓本用品について

Q.今回古銭の拓本を採りたいと思い用具を購入しようと検索致しましたら御社を見つけメールを送信した次第です。
最初に最低揃えなければならない用具と使い方、金額 等を教えて戴けると大変ありがたいです。

拓本には、通常、乾拓と湿拓があります。

@乾拓は、釣鐘墨(蝋墨)と言うものを使用してとります。
子供の頃、10円玉の上に薄い紙をのせ、鉛筆で紙の上を擦ると10円玉の図柄が浮かび上がる遊びをされたと思います。これが乾拓です。ただ、鉛筆の代わりに釣鐘墨を使用するのが正式な方法です。

23921 乾拓用釣鐘墨    定価368円 販売価格価格:294円 (内税14円)

A湿拓は、古銭の上に拓本用の和紙をのせ、霧吹きで和紙を湿らした後、綿で紙上を押さえ、古銭の形を浮かび上がったら、紙の上から更に日本手ぬぐいの様な布をあて、拓本用のブラシでたたき、古銭の繊細な図柄に和紙を食い込ませ又余分な水分を取ります。この前準備が完了したら、大きいタンポに墨をつけ、小さいタンポで大きいタンポに付けた墨面をたたき、小さいタンポに墨を写します。この小さいタンポを反故紙に軽く叩いて、墨の濃さを調整または確認してから、古銭にのせてある和紙の上を、軽く叩いて拓を採ります。

初心者の方には、拓本セットをお勧めします。
拓本の採り方テキストや練習用版木等すべての最低限必要な道具がセットされています。初心者用ですので、失敗が少ないように拓本墨は油性にしています。このセットで慣れられれば、書道用の墨(水性)でご自身の拓本墨や道具をお作り下さい。
※古銭を採拓の場合、セットに入っているタンポよりもっと小さいタンポが必要と思います。セットに入っているタンポを参考にしてご自分で古銭用サイズのタンポをお作り下さい。

29308 はじめての拓本用具    定価6772円 販売価格5418円 (内税258円)

詳しくは、下記拓本ページをご参照下さい。
http://www.e-unica.co.jp/shopping/wahobby/takuhon/takuhon.html



2007年01月26日(Fri)▲ページの先頭へ
OA和紙について。Vol.6

OA和紙「雁皮あすかの」について

Q.「雁皮あすかの」で、A4判より大きいサイズの商品は有りませんか?

現在、「雁皮あすかの」の定番商品としては、A4判以外ありません。
別寸での裁断ご希望の場合は、誠に申し訳ありませんが1ロット1000枚以上となります。又、「雁皮あすかの」の生産時に裁断しますので納期は当社の都合となります。



2007年01月19日(Fri)▲ページの先頭へ
筆について。Vol.3

かな条幅用筆かな墨について

Q.仮名条幅用の筆はどういったものがよろしいですか?
仮名6号筆、8号筆と指示があったのですが、皆目見当が つきません。 仮名用の墨は?初心者向けで教えて下さい。

.@かな条幅用筆(大字仮名)
中筆:
http://www.e-unica.co.jp/shopping/shodo/shofude/chufude.html
をご参照下さい。
※漢字条幅用の筆でも使用できますので、書かれる紙の寸法や文字の大きさ、文字数で選んで下さい。毛質は硬いか柔らかいを確認してご希望の毛質をお選び下さい。
漢字用筆:
http://www.e-unica.co.jp/shopping/shodo/shofude/futofude.html

六号とか八号という表示は、筆の大きさを表す数字です。
※メーカーによって多少異なりますので、単に商品名とお考え下さい。
特に小筆は、ひらがなで書かれた商品名はかな用筆です。筆の大きさは号数より寸法表を確認される事をお勧めします。

Aかな条幅の墨
かな墨:半紙、料紙、加工紙等の墨です。ご予算に合わせてお選び下さい。
http://www.e-unica.co.jp/shopping/shodo/shosumi/kanasumi/kanasumi.html
選ぶコツは、ご使用の硯の大きさに合わせて墨の大きさをお選び下さい。
墨の○丁型と言いますのは、墨の目方です。1丁型は15gを目安にして下さい。5丁型は75gとなります。数字が大きくなるほど墨の大きさが大きくなります。

※かな条幅作品は、加工紙を良くご使用になりますので、墨も青墨や赤茶紫系の墨をご使用になられます。その場合は、下記ページをご参照下さい。
http://www.e-unica.co.jp/shopping/shodo/shosumi/daiwagaboku/daiwagaboku.html
選ぶコツは、通常淡墨でご使用される事が多い為、あまり大きな墨を選ばない事と、ご使用の加工紙の色に合わせてお選び下さい。例えば、淡いに青系の加工紙には、青墨の淡墨で書かれると全体が明るく感じます。反対に赤紫系の墨で書かれると全体が暗く感じます。



2007年01月18日(Thu)▲ページの先頭へ
巻紙について。Vol.1

巻紙について

Q.手紙や式辞に 筆文字との相性バツグン。ワープロ対応のもの」と 紹介されている製品は、どちらのものになりますでしょうか?

ホームページ上の商品説明が中途半端で申し訳ありませんでした。下記にて補足説明をさせて頂きます。
--------------------
@ 24644 巻紙 越前手漉   定価1890円
こちらの商品は、手漉きの和紙ですので表面の平滑度が低く、筆の抵抗を上げ、尚且つ墨の吸収を良くしていますので毛筆専用です。
強いてプリンターをご使用の場合は、ドットインパクト方式であれば使用可能です。

A 24645 巻紙 越前機械   定価1260円
こちらの商品は、機械漉きですので表面の平滑度は手漉きに比べ高くなっています。濃度調整が可能なサーマル(感熱)式のワープロであれば、使用可能です。インクジェット方式のワープロの場合は、少々ニジミがでると思います。
※ワープロやプリンターメーカーの機種や指定インクによって印字品位が異なる事をご了承下さい。

B 24646 巻紙 奉書      定価368円
こちらの商品は、機械漉きで、紙の原料も安価な製品です。表面だけを見ますと、一見、洋紙の様に見えますが機械漉きの和紙です。
表面の平滑度も非常に高く、ツルツルした状態ですので、サーマル方式のワープロに対応しています。但し、インクジェット方式では少々ニジミが出ます。
※ワープロやプリンターメーカーの機種や指定インクによって印字品位が異なる事をご了承下さい。
-----------------
サーマル方式のワープロでしたら、24646巻紙奉書をお勧めします。



1 2 3 4 5 6    全169件


 ネットショップ店長の松井です。
 お店のブログを開設しました。
 書道、水墨画等に関する情報を発信していきますので、末永くご愛読賜りますようお願い申し上げます。

 ユニカでお買物
 ユニカのメルマガ

ブログランキング

人気ブログランキング






アーカイブ
2006年 (156)
2月 (15)
3月 (14)
4月 (12)
5月 (16)
6月 (17)
7月 (9)
8月 (18)
9月 (15)
10月 (14)
11月 (14)
12月 (12)
2007年 (215)
1月 (12)
2月 (17)
3月 (12)
4月 (20)
5月 (21)
6月 (18)
7月 (21)
8月 (24)
9月 (16)
10月 (19)
11月 (15)
12月 (20)
2008年 (281)
1月 (19)
2月 (20)
3月 (19)
4月 (22)
5月 (20)
6月 (20)
7月 (41)
8月 (29)
9月 (33)
10月 (22)
11月 (17)
12月 (19)
2009年 (237)
1月 (18)
2月 (19)
3月 (20)
4月 (21)
5月 (19)
6月 (22)
7月 (21)
8月 (18)
9月 (19)
10月 (21)
11月 (19)
12月 (20)
2010年 (241)
1月 (19)
2月 (19)
3月 (22)
4月 (21)
5月 (18)
6月 (22)
7月 (21)
8月 (19)
9月 (20)
10月 (20)
11月 (20)
12月 (20)
2011年 (237)
1月 (19)
2月 (19)
3月 (22)
4月 (21)
5月 (18)
6月 (20)
7月 (20)
8月 (19)
9月 (19)
10月 (20)
11月 (20)
12月 (20)
2012年 (241)
1月 (19)
2月 (21)
3月 (21)
4月 (20)
5月 (21)
6月 (21)
7月 (21)
8月 (19)
9月 (19)
10月 (21)
11月 (19)
12月 (19)
2013年 (220)
1月 (19)
2月 (19)
3月 (20)
4月 (20)
5月 (20)
6月 (17)
7月 (22)
8月 (17)
9月 (18)
10月 (22)
11月 (19)
12月 (7)
2014年 (129)
1月 (5)
2月 (12)
3月 (9)
4月 (19)
5月 (15)
6月 (15)
7月 (16)
8月 (7)
9月 (7)
10月 (10)
11月 (6)
12月 (8)
2015年 (57)
1月 (7)
2月 (10)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (1)
12月 (1)
2016年 (42)
1月 (1)
2月 (4)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (1)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (7)
12月 (8)
2017年 (41)
1月 (3)
2月 (4)
3月 (6)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (3)
7月 (6)
8月 (6)
9月 (6)

アクセスカウンタ
今日:3,279
昨日:4,477
累計:5,073,229